<   2005年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧




高齢者求人募集-その3-

色々述べてきたが、何よりこの求人広告?で一番募集したい方、それは賜物を用いて「神」を恐れ、敬い、仕える方、なのです。
「あんなスキルなんて持ち合わせていない」

…それでも十分です。そんな方でも是非教会に足を運んで頂きたい。そして人生の意味をしっかりかみしめ、残りの「余暇」をそれまで以上に楽しんで頂きたい。そして、是非あなたの神様から与えられている「賜物」を用いてキリストの体「教会」を一緒に築きたい。その「賜物」とは、実は誰でも最低一つは持っている神様からの贈り物なのです。

聖書の言葉を引用します。(→もし聖書がご入り用でしたら連絡ください、郵送にて差し上げます)
使徒言行録5章12~14節
「使徒達の手によって、多くのしるしと不思議な業とが民衆の間で行われた。一同は心を一つにしてソロモンの回廊に集まっていたが、他の者は誰一人、あえて仲間に加わろうとはしなかった。しかし、民衆は彼らを称賛していた。そして、多くの男女が主を信じ、その数はますます増えていった。」

原始キリスト教において、イエスの使徒たちは様々な「しるし」奇跡を行ってたくさんのユダヤ人たちを宣教しました。ユダヤ教という超コチコチの概念の中においては大転換であるし、大革命であります。その奇跡の業を通して神様は働かれましたが、しかし、それと同時に民衆(イエスを信じていない人たち)からも絶大な賞賛と尊敬を受けていました。それはこの「世」と「教会」の隔たりがほとんど無いことが伺えますし、何より、神様という存在を通してただ崇め、礼拝するその姿勢に民衆は尊敬の念を生じたのです。使徒たちの「しるし」だけで「賞賛」されたのではないのです。「神」を恐れ、敬い、仕える姿、このことだけでも一般民衆は尊敬の念を絶やしませんでした。そう、超特別な賜物なんか必要ない、神を信じるという最も尊い「賜物」が全ての人にも与えられているのです。更に、賜物があればそれを教会で存分に発揮すればいい。
ぜひ、教会で人生を歩んで頂きたい。そして主を崇めて頂きたい。人生の喜びを感じ取って頂きたい。そしてあなたの神様から頂いた「賜物」を存分に引き出して頂きたい。これからの「余暇」人生に大きな花を添えてみましょう。必ず、間違いのない実り豊かな人生を歩むことになります。
[PR]



by naonaochian | 2005-07-29 00:28 | 求人募集

クリスチャンって誰、何者??…普通の人だよ!聖書から教えてもらって普通に暮らしてるけど、その一見ありきたりな「幸せ」を是非みんなにも知ってもらいたい!あるクリスチャンの日常を日記風に語ります。
by naonaochian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳

Twitter / naonaochan

ファン

ブログジャンル

画像一覧