<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧




恵み

弊社が資金的に逼迫しているのは売上がここ数年停滞、それが定着してしまっているのが大きな原因であるのでしょう。困れば借入金で補填、抜本的な改正無しにその繰り返しが今になって被ってきているのです。
赤字は罪
ある方がそう言い切っていました。私もそう思います。じゃぁ、どうするか。祈って頑張るしかないのです…。
私たちが神様から与えられている召命をどのように、きちんと、正確に自分の仕事で表すか。これが経営者にとって一番の仕事ではなかろうか?このポイントがやっぱりずれていたと思う。
「なんとかなる」
神様に全てを「お委ね」してきましたが、怠惰による「お委ね」は全く神様に対して正反対のことをしていること。知恵を与えて下さったのだからそれを存分に汗を流して発揮しないと。堕落以来私たちは汗して働く様に命ぜられています。それが本当によく分かってきました。遅すぎですねー。そしてイエス様はその堕落以来の罪を全部背負って下さっている…。そんなのに比べたら私の悩みなんぞ。
よし、元気が出てきたぞー!
4月以降、仕事もぼちぼち決まりだしてきました。仕事で、ものすごい落ち込んでいた時、見えなかったものが見えるようになった…つまり、人の優しさ、人情、そして神の愛。本当に沢山の人に助けて貰いました。そして祈りました。
「大変だろうからキャッシュで振り込んだよ」
「早めに入金しました」
本当に不思議なことがここ数週間で沢山ありました。感謝です。普段見えなかった人の優しさがリアルに見えるようになりました。こんな所にまで神様は恵みを備えていて下さったとは…。ただただ感謝です。何とこの難が少しクリアになってきたのです!
これらの恩をお返しすべく、更に気を引き締めて頑張りたいと思います。この世と神に仕えていきます。
[PR]



by naonaochian | 2006-03-23 20:58 | 会社経営

寝るに限る

ここ3,4日はため息ばかりついていました。一体自分の会社はどうなってしまうのだろうかと。体にも相当応えますね。いつの間にか肩の張りが凄いです。まさに硬直状態。
そんな会社経営で極度の?緊張状態から解放する手段として、
・子供達と戯れる
・御言葉に触れ祈る
・妻に話を聞いてもらう
・兄弟姉妹と交わる
…などなどありますが、ここ数日で新たに発見したリラックス方法、それは、
・思いっきり寝る
でした。子供達を寝かしつける時に、私はいつも一緒に寝てしまうのです。それはなぜか。狸寝入りだと子供が寝ないのです。寝かしつける、ではなく、「パパも眠いんだから一緒に寝るんだよ」というスタンスが必要と悟ったのです。でも。何とも気持ちが良いこと!子供より先に寝てしまうこともしばしば。もしかして、これって特技??しかし、そうそう寝ている訳にも行かず、何か仕事がある場合は夜中に起きてしまったり…。途中で起きたりするとよけいに疲れるんですよね。そうではなく、逆らわずそのまま特技を生かして寝てしまったらどうか…。
今日の朝、なんて清々しいんでしょう!思いっきり10時間は寝ました。途中、子供の「おしっこ」で起こされる以外は熟睡でした。本当に極度に緊張していたのか??自分でも疑ってしまいました。
苦しい時、悲しい時、寝るに限りますね。新たな力が与えられたようです。子供達のぬくもりにも感謝です。
…でも、これって単に寝るのが好きだっていう事なのでしょうか?

祈り:神様、この愚かな僕をお守り下さり感謝です。経営という辛く厳しい中でもあなたはいつも哀れんで下さっていることを覚えます。主よ、どうかあなたの御栄光をしっかりと照らす者として歩ませて下さい。そして、辛い中でも必ず祝福をして下さっていることを確信しています。あなたにただ従う者として下さいますように。イエス様の御名によってアーメン。
[PR]



by naonaochian | 2006-03-13 18:05 | 会社経営

たいへんだ、タイヘンだ

会社経営ってたいへんだ、たいへんだ。小さな会社(機械設計製造)の社長をしているのだが、その責任の重さに押しつぶされそう。もちろん、問題は「資金繰り」。構造の欠陥を理由に昨年既に終わっている仕事のお金が入金にならない。検収はとっくに出ているのに…。銀行から既に沢山のお金を貸して頂いている状態。これ以上の借入金は抑えたい。自分の首を絞めるだけだから。
「なんとかしてくれ~」
ネガティブな考えしか思い浮かんでこない。経営者、特に社長は全人格的な要素までもが直接問われてしまう様な、そういう辛い立場。毎日が戦い。
「どう考えても向いてないよな~」
辛いときはとにかくため息と変な考えしか出てこない。こんなんではだめだめ…。なぜこんな時にこそ、聖書の言葉を思い出せないのか。
「あなたが弱いときにこそ、強いのである。」
全人格が否定されようとも、神様は私を愛して下さっている。その事実。
家に帰れば純粋無垢な子供達に囲まれる。それまでの思い煩いが吹っ飛ぶ。そして優しく見守ってくれている妻。この人達のために日々がんばれるのです。
祈り:主よ、どうか私に知恵と勇気と希望とをお与え下さい。そして、私が遣わされている環境で、主の御栄光を豊かに表すことが出来ますように。
主の御名によってアーメン。
[PR]



by naonaochian | 2006-03-10 02:29 | 会社経営

クリスチャンって誰、何者??…普通の人だよ!聖書から教えてもらって普通に暮らしてるけど、その一見ありきたりな「幸せ」を是非みんなにも知ってもらいたい!あるクリスチャンの日常を日記風に語ります。
by naonaochian
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳

Twitter / naonaochan

ファン

ブログジャンル

画像一覧